日常会話

【外国人が日本でやらかしたこと】イギリスで見たいことない巨大なゴキブリと直面

投稿日:

どーも、こんにちは!マシューです!

日本ではイギリス人の私にはなじみのなく驚くほど大きいな虫はいっぱいあります。

今日は初めて日本の巨大な虫を向か合った時について話していきたいと思います。

そして、イギリスと日本の虫の違いについても説明したいと思います。

スポンサーリンク

イギリスで見たことない巨大な虫が遭遇

何年前の夏の夜に、家のベランダから素敵な山の景色を眺めながらイギリス人同士の友達とワインを飲んでいました。

ベランダの窓に網戸が付いていましたが、6階のマンションですし何回もワインのおかわりなどで出入りしていたので開けっ放しにしました。

かなり暑い夜でしたけど、涼しい風が吹いてきました。最高にくつろぎました。

しばらく飲んでから少し休憩してトイレに行ってきました。

新しいワインの瓶をもってまた外に出ようと思いきや。。

ベランダの窓の上の右側に黒い巨大な虫を横目で見ました。

間違えなく、ゴキブリでした。でも、でっかい。気持ち悪い。私の家の中に入り込んでしまいました。最悪!

高い悲鳴を上げてしまいました。

一瞬体がすくんでワインの瓶が手から滑り落ちました。

友達がビビて外から部屋に覗いたらゴキブリを見て助けてくれずに網戸を閉めました。

大した友達だな。。

1人で戦うしかありません。

好んで使う武器ではありませんが、近くに鍋のふたがありました。

こっそりと蓋で叩こうとしたらゴキブリが飛んできてまた高い悲鳴を上げてしまいました。

カーペットに再び現れてきた。

私は慌ててささっとふたをかぶせました。捕まえた!

捕まえたというか、全体ではなくゴキブリの一部にヒットしました。でも、まだ何となく生きているようでした。

裏切られた友達も虫嫌いで処分し方がわからなかったので、蓋を開けるリスクは高すぎでそのままにしておきました。

実はゴキブリは蓋の下で余生を過ごしました。

イギリスにはゴキブリがいない?

イギリスは日本と同じく大陸のすぐ近くの島国ですが、自然条件にはかなり違いがあります

日本と比較するとイギリスでは年間を通じて気温差が少ないです。夏の最も暑い7月でも平均18℃まで。冬もそれほど寒くならず最も寒い1月は平均4℃です。

そのため、昆虫は限らています。家に入り込むのはちっちゃいクモ、アリ、ハエくらいです。

イギリスでは、網戸は必要ありませんので一切使いません。

英語でゴキブリは cockroach(コックローチ)と言いますが、イギリスではめったに見かけないのですが、いないわけではありません。

ただ、相当汚れている場所やとくに湿気が高い場所(温室など)にしか現れません。

ちなみに、日本の夏の風物詩として有名なセミでもイギリスにはないです。

そして、日本のように小学生の頃はカブトムシを集まったり飼ったりする習慣はありません。

なので、多くのイギリス人は虫になじみがないです。

個人差はあると思いますが、来日して日本の虫を向き合うと私と同じようになりビビる時はあると思います!

外国人がゴキブリ処分へのレコメンド商品

今は必ずゴキブリスペレーのストックがあることと、いざという時に頼るので取りやすい場所に置くようにしています。

そしたら鍋のふたはもう必要ありません。


 

皆さん、虫が家に入ってくると平気に対応できますか?虫嫌いの日本人はいますか?

是非コメントで教えてください!

マシュー

 

-日常会話

Copyright© 英会話マシューUP↑ , 2020 All Rights Reserved.